リヴァプールで本領を発揮できていない南野拓実は何を語ったのか

スポンサーリンク
サッカー

南野拓実はリヴァプールにおける自分の立ち位置を探している。ザルツブルクからリヴァプールに移籍して以来、6試合に出場したがまだメンバーと噛み合っていない。

南野はLiverpoolfc.comに「私はゴールやアシストにもっと貢献したい。それにとても飢えている。どれくらい学ぶ必要があるか分からない。しかし日々クロップの哲学を理解し、良くなってきているように思える。」

「結果を見せなければならない。チームメイトとサポーターから信頼を勝ち取るためにはこれが大切だと思う。これは私が達成すべき重要なことだと思う。」

スポンサーリンク

「チームメイトにアピールするため、彼らに自分の得意なことを知ってもらうために、本当にすべきことをしなければならない。」

「私はまだチームを完全に理解しようとしているところだが、待つのは嫌いだ。すぐにインパクトを与えるために、チームに貢献するために、毎日ベストを尽くしている。」

「チャンスが制限されているが、監督が私を必要とした時、監督の期待に応える結果を出さなければならない。」

「チャンピオンズリーグ(CL)に残ること、プレミアリーグタイトルに100%フォーカスすることは本当に重要だ。我々はマインドセットを100%、CLとプレミアリーグに変えなければならない。」

「勝ち取れなかったタイトルがあり、本当にがっかりしているが、そういった気持ちを使わなければならない。我々は次の試合に勝つことによって、敗北によるあのような失望を乗り越えることができる。」

スポンサーリンク

「運良く我々はとてもタイトなスケジュールを貰っていて、次の試合は週末にすぐに来る。次の試合に勝つことに集中すること、よりハードなトレーニングをすることによって、この敗北について考えるのをやめる。」

「我々は決してメガティブではない。我々全員が次の試合に勝つことについて考えている。ドレッシングルームの雰囲気はポジティブだ。毎日練習中、このポジティブさをキープしている。」

「ファンのサポートはいつも我々にポジティブなエネルギーを与える。この難しい状況を乗り越えるために、彼らのサポートは本当に大きいものだ。彼らの良い雰囲気は我々にとって大きな助けとなる。」

「アンフィールドのサポートはいつも選手たちを勇気づけている。この難しい状況を乗り越えるために、ファンのエネルギーは非常に重要なものとなるだろう。」と語った。

コメント

タイトルとURLをコピーしました