前提知識なし!あいみょんの「さよならの今日に」を勝手に解釈・批評してみた

スポンサーリンク
批評
スポンサーリンク

前置き

今回はあいみょんさんの「さよならの今日に」を勝手に解釈してみました。詞を作った経緯、どういう思いで作詞したか、などそういった前提知識なしで解釈を試みました。

あくまでも個人的な解釈なので、あいみょんさんの伝えたいこととズレるかもしれませんがご容赦ください。少し歌詞の内容を批判する言葉が見られるかもしれませんので、ご理解のほどよろしくお願いします。

スポンサーリンク

「さよならの今日に」の解釈

泥まみれの過去が 纏わりつく日々だ 鈍くなった足で ゴールのない山を登る

「泥まみれの過去」とは自分の過去を完全に引きずっている人がする表現だと感じます。過去を悔やんでも意味がありません。もしくは現実逃避をするため、全責任を過去に押し付けているように見えます。

後から振り返って、間違えた選択をしたと分かっても、その時楽しかったのであれば、それは正しい選択であっため「泥まみれの過去」ではありません。責任を過去に押し付けてはいけません。

過去を咎(とが)めるほど簡単なことはありません。「こうなることくらい分かっていたでしょ。」と無責任に語る人ほど無責任な人はいません。終わった後ならいくらでも難癖をつけられるわけですから。

“後悔しない人生”を送れるなら、送ってみたいものです。私は後悔することを前提に、人生を送るべきだと思います。「あの時もっと勉強しておけば…」とか考える必要はありません。その時勉強しなかったことが、ある意味で正しかったのです。

そして過去を引きずりながら、「ゴールのない山」を登って行くわけです。「ゴールのない山」は一種の比喩(ひゆ)表現だと思われます。つまり「ゴールのない山」は「人生の山」だということです。人生山あり谷ありです。つまり、今この人は過去を引きずりながら、谷から這い上がっているのです。

スポンサーリンク

恋い焦がれたこと 夢に起きてまた夢見たこと これまでを切り取るように 頭の中を巡る

「恋」。なるほど、大失恋をしたということですか。失恋した後は幻想を見ます。相手の良い側面や楽しかった思い出などが頭に浮かんだりするものです。これはある意味、過去へと引き戻そうとする幻想です。

「夢に起きた」=「現実を見た」、「また夢見た」=「理想を考えた」と解釈してみます。例えば「夢または理想」は結婚すること。そして「現実」は破局という感じでしょうか。

「理想が高い人は結婚できない」とはある意味、正しいと思います。「現実」に引き戻されるにつれ、気持ちが冷めていきますから。高い理想は持たない方が良いかもしれません。

「あの人のことが好きで好きでたまらなかったこと」、「現実を見て、また理想を見たこと」が頭に浮かんでいる状況だと思います。寝て夢を見ると解釈するのは率直すぎる上に、そもそも夢の内容なんて覚えていないものです。そのため、寝て夢を見るという解釈はしないでおきます。

明日が来ることは解る 昨日が戻らないのも知ってる できれば やり直したいけれど

「やり直したい」とか思わない方がいいです。自分だけが良い思いをしたいと思っている人がする身勝手な発言です。成功の裏には失敗があります。つまり、成功した人がいれば、失敗した人もいます。

失敗した側の人は「やり直したい」と思うのが普通かもしれませんが、それは「やり直して成功者側に立ちたい」と思っていることに等しいです。良い思いをしたいというわけです。

私の経験や見聞ですが、「もう一度やり直そう」と復縁をしても上手くいった試しがほとんどないように思われます。多くの場合、同じ失敗を繰り返して破局の運命を辿ることになります。

ですが、この歌詞では「やり直したい”けれど”」と逆接を用いているので、次の歌詞に繋がっていそうです。続きを見ていきましょう。

スポンサーリンク

切り捨てた何かで今があるなら 「もう一度」だなんて そんな我儘 言わないでおくけどな それでもどこかで今も求めているものがある 不滅のロックスター 永遠のキングは 明日をどう生きただろうか

「切り捨てた何かで今がある”なら”」ではなく「切り捨てた何かで今がある”から”」が正しいと思います。例えば外食する時、何を食べるか悩むと思います。カルボナーラにするか、ペペロンチーノにするか。

大食いの人なら好きな料理を好きなだけ食べられますが、普通の人は一食で満腹になるケースがほとんどです。例外は無視します。もしカルボナーラを選んだら、その時ペペロンチーノは食べられないわけです。

つまり取捨選択をしているのです。このように私たちは一日24時間、一年365日という限られた”時間”の中、絶えず取捨選択を行なっているわけです。そのため、「なら」ではなく「から」にしなければなりません。

そして「やり直したい”けれど”」の部分が「もう一度だなんて そんな我儘 言わないでおく”けどな”」に繋がります。ここでも逆接を用いています。そして、これが「どこかで今も求めているものがある」に繋がります。

要するに「やり直したいけれど、もう一度やり直したいなんて我儘を言わないでおく。でも、やっぱり求めているものがある(やり直したい)。」ということです。

そして”不滅の”ロックスター、“永遠の”キング、言わば”時間”とは無関係な存在と、限られた”時間”の中で生きている私たちを対比しています。何かを切り捨てる必要がなく、永遠に滅びることのない彼らは、この先どう生きるつもりなのだろうか。

傷だらけの空が やけに染みていく今日 鈍くなった足で 河川敷をなぞり歩く

ここは分かりませんでした。まずは「傷だらけの”空”」。これは一体全体何を表現しているのでしょうか。「傷だらけの”私”」ということでしょうか。自分の心理状態を空に映しているように感じます。あいみょんさんがここに何を仕掛けたのか後で確認してみます。

その傷に空気が染み込んで、ヒリヒリしている状態だと解釈すると、そういった”ボロボロ”の状態で河川敷沿いを歩いているという情景が浮かびます。

スポンサーリンク

涙がでることは解る 気持ちが戻らないのも知ってる それなら 辞めてしまいたいけれど

好きでいることを「辞めてしまいたい」と解釈してしまうと、「気持ちが戻らない」という内容と矛盾してしまいます。好きという「気持ちが戻らない」つまり、もう好きじゃないわけですから。

恋人関係を「辞めてしまいたい」と解釈すれば、整合性がとれそうです。ですがこの解釈が合っていると断定できません。「涙がでることが解っているなら」別れを告げない方が良いですから。

「涙が出ることは解っている”けれど”、辞めてしまいたい」とする方が綺麗な文章になると思います。ですがこれは完全に私の主観です。ここでは恋人関係を「辞めてしまいたい」とします。

ここでも「辞めてしまいたい”けれど”」と逆接表現を用いています。次に繋がれば、この解釈で良さそうです。確かめてみます。

残された何かで今が変わるなら 「もう一度」だなんて そんな情けは言わないでおくけどな それでもどこか 今も望んでいる事がある 伝説のプロボクサー 謎に満ちたあいつは 明日をどう乗り越えたかな

残された何かとは自分の友人になります。恋人と別れるという一つ目の変化、友人との関係がより濃密になるという二つ目の変化が訪れます。このように誰かと決別したら必ず何が変わります。

恋人関係を「辞めてしまいたい”けれど”」もう一度チャンスがあるなら、また好きになりたいと思っているところがある。と一応は解釈できます。

つまり復縁したいなんて言いたくないけど、それを望んでしまっている部分があるということです。

“ボロボロ(傷だらけ)“になりながらも何度も立ち上がる「伝説のボクサー」と、失恋で”ボロボロ(傷だらけ)”になった自分を対比しています。そのため、私たちがどんなに”ボロボロ”になっても立ち上がり明日を生きなければなりません。

「謎に満ちたあいつ」というのはよく分かりません。

スポンサーリンク

吹く風にまかせ 目を閉じて踊れ 甘いカクテル色の空を仰げ そんな声が聞こえる

“過去“のことは気にせず一心不乱に踊れ!ということでしょう。そして踊り終えたら、空を眺めろ!ということだと思います。

そしてもうそこには、「傷だらけの”空”」は映っていません。綺麗なカクテル色の空が広がっています。その”空”は”私”です。つまり傷だらけの”私”はもういないということになります。

切り捨てた何かを拾い集めても もう二度と戻る事はないと 解っているのにな

切り捨てたものを拾い集めるほど虚しいことはありません。そんなことしても、あいみょんさんの言う通り、”過去”に戻ることはできません。“過去”を見るのではなく、”明日”という”未来”を見なければなりません。

切り捨てた何かで今があるなら 「もう一度」だなんて そんな我儘 言わないでおくけどな それでもどこかで今も求めているものがある 不滅のロックスター 永遠のキングは 明日をどう生きただろうか 伝説のプロボクサー 謎に満ちたあいつは 明日をどう乗り越えたかな

スポンサーリンク

まとめ

所々難しい表現、歌詞特有の変わった表現が見られました。”時間”に関する歌詞だと感じました。過去、昨日、明日、不滅、永遠など”時間”に関する言葉が多く使われていました。

あいみょんがどのような意図で作詞されたか分かりませんが、限られた”時間”の中で何を選択し、何を捨てるべきか、今後の人生において「しっかり考えろ」と言われたような気分になりました。

恐らくこの曲は失恋ソングだと思います。「立ち直れ!そして明日を生きよう!」というメッセージも込められているように思えます。以上になります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました