チェルシーがニューカッスルを下しリーグ戦4連勝!ヴェルナーとトゥヘルのインタビュー

スポンサーリンク
サッカー

プレミアリーグ第24節チェルシー対ニューカッスルの一戦は2-0でチェルシーが勝利。31分にジルー がこぼれ球を押し込みチェルシーが先制。39分にはヴェルナーが追加点を奪った。

ヴェルナーは「前半は本当に良かった。我々は非常に良いフットボールをした。ようやく得点することができ嬉しく思っている。そして、まだやるべきことはあるが、このようなことをやり続ければ、良い終わりが待っているだろう。」

「ストライカーとして、常に得点することを望んでいる。先月はハードだった。得点をあげられなくて不満だった。フットボールはチームスポーツだ。勝つことができるなら全て良い。アシストでチームを助け、また得点することができ嬉しく思っている。」

トップ4にいることについて「我々にとって、チャンピオンズリーグへの切符を手に入れることは重要なことだ。シーズン当初、我々は優勝候補だった。(マンチェスター)シティや他のクラブとのギャップを縮めるためにすべきことが沢山ある。」と語った。

トゥヘル監督は「勇気を持ってプレーし、ボックス内で何度もボールに触れ、何度もシュートを放った前半が好きだ。彼ら(ニューカッスル)を我々のボックス内から遠ざけ、少しのチャンスも許さなかった。試合全体を通して、ボックス内で正確さに欠いていた。」

「後半の最初の2分、我々は二つのシュートを許してしまった。デュエルに負けた。下した決断が負けるようなものだった。選手たちは二日間の休暇を取った。恐らく彼らはこれを続けることを望んでいた。ハーフタイムでこれについて話すのは早とちりだ。」

ケパについて、「エドゥアール(メンディ)はNo. 1だ。それは明らかで変わらない。私はケパがクリーンシートを2度続けたことに満足している。我々はベストなパフォーマンスを望んでいる。今後はエドゥが出るだろう。なぜなら彼がNo. 1であるからだ。」

「私はティモ(ヴェルナー)がアシストや得点することに疑いの余地もないとわかっていた。それに満足しているし、彼は直近の数試合ハードワークしていた。もし彼が自分のスピードを使えるほど十分クレバーなら、ダブルストライカーとして、9番としてプレーできる。」

「トップ4はターゲットだ。我々の後を追うチームは沢山ある。リカバーすべき勝ち点が多くあった。我々はまだ上位チームや下位チームとの試合が残っている。どの試合も難しくなるが、戦い続けるつもりだ。」と語った。

コメント

タイトルとURLをコピーしました