五輪目前!サッカー日本代表の森保一監督「解任論」は正しいのか

スポンサーリンク
サッカー
スポンサーリンク

アジア最終予選は最悪の結果だった

U-23日本代表はタイで行われた東京五輪アジア最終予選で、選手および監督は五輪優勝を繰り返し発言しているにもかかわらず、まさかの1次リーグで敗退してしまったのだ。結果は1分2敗のグループ最下位だ。

これは東京五輪の開催国枠がなれば五輪に出場できないことを意味する。

今大会ではVAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)が導入され、より公平な判定を期待したが、日本にとって不利に働く公平性の欠いた判定が多かったように思える。

確かにどれも難しい試合であったが、3試合で3得点と決定力不足が露呈してしまった。チャンスを全く決めきれなかったのだ。

スポンサーリンク

海外組の存在

発表された23人のメンバーの内、食野亮太郎(ハーツ)を除く22人は国内組であった。協会側は海外組の招集権を持っていないため、A代表でも活躍している久保建英(マジョルカ )、堂安律(PSV)、冨安健洋(ボローニャ)の招集はできなかった。

アジア最終予選の前に行われたコロンビア戦では、久保と堂安が何度かチャンスを作ったものの0-2で敗北を喫した。久保、堂安がいたにもかかわらず、この結果は受け入れ難いものだ。

このままでは金メダルどころか、ベスト8にすら進出できないかもしれない。しかしそこまで悲観する必要はない。海外組の招集でガラッとサッカーのテイストが変わるだろう。だが本当に海外組を招集できるかはわからない。4年前に招集ストップを経験しているからだ。

スポンサーリンク

主な海外組

DF 冨安健洋、板倉滉(フローニンゲン)、中山 雄太(ズヴォレ)、菅原由勢(AZ)
MF 久保建英、堂安律、三好康児(アントワープ)
FW 安部裕葵(バルセロナB)、前田大然(マリティモ)

ここで安部をあえてFWにしたが、これは実際にあり得る選択肢になるだろう。なぜなら安部は所属クラブでは1トップで起用され活躍しているからだ。

スポンサーリンク

オーバーエイジの必要性

オーバーエイジ枠は3枠すべて活用すべきだろう。元サッカー日本代表の本田圭佑は、オーバーエイジ枠で代表メンバーに選ばれることを望んでいるが、はたして彼は必要だろうか。

1人目 本田圭佑

本田がプレーするとしたら、久保、堂安、食野とポジションが被ることになる。とすれば3人の内1人は代表から外れることになるだろう。その可能性が高いのは食野だ。ベテランの存在という意味でも、食野の代わりに本田を招集するのはアリに思える。

森保監督は選択肢の中に本田を含んでいないように思える。しかしながらリヴァプールへの移籍を果たした南野拓実よりは現実的だ。現状、南野はクラブでの時間が何よりも大事で、コンディションのことを考えても選ばれるべきではない。

さて1枠は本田に使うとして、残りの2枠をどうするかだ。メスを入れる必要のあるポジションはフォワードとボランチだ。

2人目 大迫勇也or武藤嘉紀

先ほど記述したように、安部をシャドーからフォワードにコンバートする選択肢があるが、バルセロナBにおける安部の役割は9番というより「偽9番」である。そのため、9番つまりストライカーが必要である。

率直に言って、アジア最終予選で招集された上田と小川を招集する選択肢はないと考えている。両者ともストライカーであるが、決定力が物足りない。ストライカーとしては前田が妥当だろう。もう1人は大迫勇也(ブレーメン)でも構わないが、所属クラブから招集ストップがかかる可能性がある。

しかし久保は以前に、大迫とのプレーはやりやすいと感想を残している。その意味でも大迫をOA枠として招集したいところだ。それに大迫の招集が叶わなかったとしても、安部が大迫のような役割を担えるためそこまで問題ではない。

そうなった時のことも考えて、武藤嘉紀(ニューカッスル)も選択肢に入れておきたいところだ。

3人目 柴崎岳

OA枠の3人目には柴崎岳(デポルティーボ)を推薦したい。森保監督はA代表で柴崎に全幅の信頼を寄せている。その意味でも柴崎を招集する可能性が高い。柴崎岳と中山の2ボランチが理想的だ。

柴崎はゲームメイクをする役割を担うことになるだろう。現在、田中碧(川崎フロンターレ)がこの役割を担っている。田中は柴崎のサブとして選出されるのがベストだ。

スポンサーリンク

森保監督「解任論」の是非

森保監督の解任論は監督就任当初から出ており、今では多くのサッカーファンがそれを望んでいる。

アジア最終予選1次リーグ敗退という結果を受けてもなお、田嶋会長は森保監督の続投を表明している。確かに今更、監督更迭という選択肢を取りづらいかもしれない。

だが、田嶋会長は以前にロシアW杯の直前で日本代表元監督のハリルホジッチ氏を解任した事実がある。ハリルホジッチ元サッカー日本代表は現在、モロッコの代表監督を務めている。

本来ならば同様に森保監督を解任すべきである。ベストメンバーではなかったとはいえ、この敗退は五輪に出場できないことに等しい。

これはW杯の出場を決めたハリルホジッチよりも罪が重い。開催国枠のおかげで出場できるだけだ。そして、森保監督の解任措置を取らなかった田嶋会長はより罪深いだろう。

まとめ


解任すべきは森保監督と田嶋会長の両者である。

コメント

タイトルとURLをコピーしました