【最新情報】欧州フットボール移籍の噂まとめ

スポンサーリンク
サッカー

イングランド代表FWハリー・ケインは、トッテナムを退団しPSG指揮官マウリシオ・ポチェッティーノとの再結成に前向きだということを明かした。

PSGはマンチェスター・ユナイテッドのポール・ポグバとの契約を試みようとしている。ポグバには古巣ユヴェントスへの移籍の噂がある。

アーセナルはリヨンMFフセム・アワールを獲得する準備を進めている。週給£100,000をオファーするつもりだ。

レアル・マドリードからの退団が発表されたセルヒオ・ラモスは、マンチェスター・ユナイテッドやPSG、セビージャから関心を寄せられている。

レアル・マドリードDFラファエル・ヴァランは自身の将来に関して未だに決定を下せていない。現在ヴァランにはマンチェスター・ユナイテッドやチェルシーへの移籍の噂がある。

アーセナルに所属するスコットランドDFキーラン・ティアニーは、アーセナルと新たに5年契約を締結した模様。

また、アーセナルはミケル・アルテタにチームを再構築するチャンスを与え、今夏新たな契約に向けて£250m近くの獲得資金を準備をしている。

マンチェスター・ユナイテッドは、ヴァランやアトレティコ・マドリードDFキーラン・トリッピアーの獲得を躊躇っている。その原因はそれぞれのクラブが提示する移籍金の高さである。

チェルシーとアーセナルは、レアル・ソシエダに所属するスウェーデン代表FWアレクサンデル・イサクの獲得に関心を示している。

チェルシーMFジョルジーニョの代理人は「現在ヨーロッパの複数のビッグクラブが彼に関心を示しているが、ジョルジーニョはチェルシーを退団することを快く思っていない。」と語った。

リヴァプールはサッスオーロに所属するイタリア代表FWドメニコ・ベラルディの獲得に興味を示している。

最大で8名がエヴァートンの監督候補にあがっているが、ラファエル・ベニテス氏と、ウルブズ前監督ヌーノ氏が大本命と考えられている。

コメント

タイトルとURLをコピーしました