【DISH//】の「猫」を独自解釈!「心と体が喧嘩して」の意味と「いつか」という曖昧な表現

スポンサーリンク
分析

夕焼けが燃えてこの街ごと
飲み込んでしまいそうな今日に
僕は君を手放してしまった

明日が不安だ とても嫌だ
だからこの僕も一緒に
飲み込んでしまえよ夕焼け

だけどもそうはいかないよな
明日ってウザいほど来るよな
眠たい夜になんだか笑っちゃう

家まで帰ろう 1人で帰ろう
昨日のことなど 幻だと思おう
君の顔なんて忘れてやるさ
馬鹿馬鹿しいだろ、そうだろ

君がいなくなった日々も
このどうしようもない気だるさも
心と体が喧嘩して
頼りない僕は寝転んで
猫になったんだよな君は
いつかフラッと現れてくれ
何気ない毎日を君色に染めておくれよ

夕焼けが燃えてこの街ごと
飲み込んでしまいそうな今日に
僕は君を手放してしまった

若すぎる僕らはまた1から
出会うことは可能なのかな
願うだけ無駄ならもうダメだ

家までつくのが こんなにも嫌だ
歩くスピードは
君が隣にいる時のまんま
想い出巡らせ
がんじがらめのため息ばっか
馬鹿にしろよ、笑えよ

君がいなくなった日々は
面白いくらいにつまらない
全力で忘れようとするけど
全身で君を求めてる
猫になったんだよな君は
いつかまたあの声を聞かせてよ
矛盾ばっかで無茶苦茶な僕を
慰めてほしい

君がいなくなった日々も
このどうしようもない気だるさも
心と体が喧嘩して
頼りない僕は寝転んで
猫になったんだよな君は
いつかフラッと現れてくれ
何気ない毎日を君色に染めておくれよ

君がもし捨て猫だったら
この腕の中で抱きしめるよ
ケガしてるならその傷拭うし
精一杯の温もりをあげる
会いたいんだ忘れられない
猫になってでも現れてほしい
いつか君がフラッと現れて
僕はまた、幸せで

今回はDISH//さんの「猫」を前提知識なしで独自解釈してみました。サビまではサラッと流し読みする方が良いかもしれません。

「 」内は歌詞、『 』は独自解釈

スポンサーリンク

DISH//「猫」の解釈

「夕焼け〜手放してしまった」

夕焼けが燃えてこの街ごと
飲み込んでしまいそうな今日に
僕は君を手放してしまった

この歌は日が暮れる前、”夕方の街”で君と別れたところから始まります。「僕は君を手放してしまった」というフレーズから『僕は君と離れ離れになってしまった』と解釈することができます。

「明日が不安だ〜夕焼け」

明日が不安だ とても嫌だ
だからこの僕も一緒に
飲み込んでしまえよ夕焼け

「不安」や「嫌」という感情を抱えながら、”夕方の街”をぶらぶらと散策する姿が想像できます。歌詞の「飲み込んでしまえよ夕焼け」から『自暴自棄』になっていることも窺えます。

『これから僕はどうやって生きていけばいいんだ。バカ野郎。』という感じですかね。

「だけども〜笑っちゃう」

だけどもそうはいかないよな
明日ってウザいほど来るよな
眠たい夜になんだか笑っちゃう

夕焼けに飲み込まれることを諦め辺りは”夜”に。時刻は23:00-23:59のどこかだと推測できます。なぜなら、歌詞では「明日ってウザいほど”来る”よな」と現在形、詳しく言うと『普遍の真理』になっているからです。地球の時点が停止しない限り、明日はウザいほど来ます。

要するに、『23時くらいに、夕焼けに飲み込まれることの不可能性や、そういった真理に呆れるのを通り越して、笑っちゃってる自分がいる』ということです。

「家まで帰ろう〜そうだろ」

家まで帰ろう 1人で帰ろう
昨日のことなど 幻だと思おう
君の顔なんて忘れてやるさ
馬鹿馬鹿しいだろ、そうだろ

「帰ろう」と思っていることから、まだ道中にいることがわかります。「”昨日”のことなど幻だと思おう」から、日を跨(また)いだことが確認できます。日付が変わりましたが、「僕」はまだ外にいるでしょう。

「昨日は幻」だと思っても「君の顔」を忘れるのは不可能ではないでしょうか。”これまで”君と過ごしてきた日々がありますから。昨日が幻になっても、一昨日は幻になりません。

例えば、4月1日から12月30日まで付き合って、12月30日が「幻」になったとしても、4月1日から12月29日までの出来事は「過去の出来事」として記憶に残り続けます。

そのため、本当に君の顔を忘れたいと願っているなら、『これまでのことなど幻だと思おう』が正確な描写だと感じます。

「君がいなくなった日々〜染めておくれよ」

君がいなくなった日々も
このどうしようもない気だるさも
心と体が喧嘩して
頼りない僕は寝転んで
猫になったんだよな君は
いつかフラッと現れてくれ
何気ない毎日を君色に染めておくれよ

「君がいなくなった”日々”」、時間的空白ができています。「日々」というフレーズから、最低でも1日の空白が生じていることがわかります。1週間や1ヶ月程度、時が進んでいる可能性もあります。

まぁ別れてから1ヶ月も経過すれば、諦めがつくだろうから、過ぎたのは3日〜5日くらいでしょう。いずれにせよ、サビ前とサビでは数日間の空白があることがわかります。そして、その間は「気だるさ」に苛まれ「寝転んで」いたとのこと。

「心と体が喧嘩して」の意味

「心と体が喧嘩して」いる状態とは、『〜しちゃダメなのに…してしまう。』もしくは、『〜しないといけないのに…できない。』です。

例えば、『ダイエット中で、糖質の多い食事を取っちゃいけない”のに”、お米を沢山食べてしまった。』(逆接)です。

このように、思っていることとやっていることが、矛盾している状態、もしくは一致していない状態を指します。

もし、心(思考)と体(動作)が一致しているなら、『ダイエット中で、糖質の多い食事を取っちゃいけない”から”、お米の食べる量を減らした。』(順接)になります。

心と体が喧嘩して離れ離れになっている状態=心と体が一致していない状態。

では、歌詞の解釈に戻ります。

歌詞には「気だるさ」という心の状態は描写されていますが、身体的動作は描写されていません。『だるさ』のみなら身体的状態である可能性はあります。ですが、「気だるさ」の”気”は『気分・気持ち』の”気”なので、心的描写だと捉えるべきです。

「心と体が喧嘩して」の直後に「寝転んだ」という動作が描かれていますが、これを用いて解釈すると、順接になってしまい、「心と体が喧嘩して」”いない”状態になります。

『気だるい”から”寝転んだ』というふうに。『から』は順接を表します。皆さんも、だるくなったら寝転がると思います。人間の自然な反応です。

したがって、歌詞を追うだけでは、どのようにして「心と体が喧嘩して」いるのか、理解しかねます。果たして本当に「心と体が喧嘩して」いるのでしょうか?

なぜ猫になったのか?

猫は死期が近づくと飼い主の元から離れるといった説があります。しかし、この説は正しくありません。

猫は体調が悪くなると静かで暗くて安全な所に隠れて、体調の回復を待つそうです。

猫は自分の死期を悟り、どこかに行くのではなく、体調を回復させるために、飼い主の元から離れ休憩しているのです。

猫が体調回復のため静かな場所で療養していたけど、体調が悪化しそのまま亡くなってしまった、という見解が正しいとされています。

他にも、猫がいなくなる理由として、『他の人に飼われてしまった。(新たな恋人ができた)』が挙げられます。

病気なのか新たに好きな人ができなのかは断定できませんが、再び猫になった君が帰って来る可能性は極めて低いでしょう。

「いつか」という曖昧な表現

その可能性が低いにもかかわらず、僕は「いつかフラッと現れてくれ」、「何気ない毎日を君色に染めておくれよ」という願望を述べています。

ここで一つ疑問が浮かんできます。なぜ「いつか」なのか。10年後でも50年後でも良いのかという点です。

皆さんも友達に『いつか必ず返すから1万円貸してくれない?』と言われたら、「いつか」という言葉に引っかかると思います。

『今すぐフラッと現れてくれ』にする方が気持ちは伝わります。『明日必ず返すから1万円貸してくれない?』と言われたら、少しは安心できます。

「いつか」という副詞の使用は避けるべきでしょう。ECプラットフォームのAmazon社員は会議中、形容詞や副詞の使用は避けているといった話を耳にしたことがあります。

『大きい』とか『可愛い』とかが形容詞です。自分が『可愛い』と思っていても、相手は『可愛い』と思っていない可能性があります。また、自分にとっての『大きい』と、相手にとっての『大きい』の基準は違います。

そのため、形容詞や副詞の使用が避けられています。「いつか」という曖昧な表現はなるべく避けるべきでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました