マンC対バーンリーはシティが5-0で圧勝!ペップ監督とフォーデンの試合後のインタビュー

スポンサーリンク
サッカー

エティハドスタジアムで行われた、マンチェスター・シティ対バーンリーの一戦は5-0でシティが快勝を収めた。

前半22分にショートコーナーからフォーデンがミドルシュート放ち先制点を挙げると、43分にはマフレズが右足で追加点、さらにアディショナルタイムにPKで再びマフレズが得点した。

後半51分にベルナルド・シウバのグラウンダークロスをダビド・シルバが押し込み4点目を挙げ、流れるようなパスワークでフォーデンが5点目を決めた。

スポンサーリンク

ペップ・グアルディオラ

試合後のインタビューでグアルディオラ監督は、「我々は本当に上手くプレーした。特に開始後のパフォーマンスは素晴らしかった。我々は我慢しなければならなかった。さらに、もっと心地良く攻撃するためのポジションにつき、変化をつけなければならなかった。1点目と2点目で我々はかなり楽になった。我々は来シーズン、チャンピオンズリーグでプレーすることに近づいた。」

フィル・フォーデンに関して「私はカップ戦で彼が今日と似たようなプレーをしたのを覚えている。彼は良かった。私は”決して悪いプレーはしてなかった”と彼に何度も言った。彼はフットボールをするのが大好きだ。休日には、彼は友人と一緒に、ボールと一緒にいる。我々とプレーする時、彼はいつもハイレベルのプレーをしている。だが、彼は20歳だ。改善すべき点がある。これからの10年間クラブにとって重要なプレイヤーになるだろう。」

アグエロの怪我について「膝の何が良くないように思える。我々は明日確認するつもりだ。彼は膝に違和感を覚えた。先月、彼は膝の痛みと闘っていた。」と語った。

スポンサーリンク

フィル・フォーデン

試合後のインタビューでフォーデンは「ゴールに関与することは常に良いことだ。私はフットボールを楽しんでいる。重要なことは結果を得られたことと、チームのプレイ方法だ。我々(の動き)は切れていた。チーム全体がハードワークするか次第だ。監督が誰を起用しても、彼らは仕事をこなす。」

コーナーからの得点に関して「我々にはセットプレーのコーチがいて、ショートコーナーをハードに取り組んできた。」

「選手を引き出すためのセットプレーに取り組んだ。私はパスを出すべき場所がいつもわかっている。上手くいって嬉しい。」と語った。

コメント

タイトルとURLをコピーしました