VARの介入によって試合が壊されている?サッカーファンが訴えることとは

スポンサーリンク
サッカー
スポンサーリンク

調査結果

ある調査によると、プレミアリーグの3分の2以上のファンが、VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)のせいで、試合が楽しめないと回答しました。

今シーズンにVARがプレミアリーグに導入されて以来、多くの物議を醸し出してきました。10人のうち6人は、VARが上手く機能していないと感じています。これまで試合後のインタビューでは、多くの監督がVARの決定に関して異議を唱えてきました。

プレミアリーグを観戦している1,396人を対象にしたアンケートで、VARの導入以来67%の人が試合があまり楽しくないと感じていることがわかりました。

このうち15%の人がVARは必要ないと回答し、74%の人はVARは必要であるが、修正すべき点があると答えました。

81%の人は、サポーターと審判が同時にVARで問題になっているシーンを見るべきだと感じ、主審はピッチサイドにあるモニターを使うべきだと感じています。

現在、プレミアリーグでは、長時間試合を止めないようにするため、VARのアドバイスを基に判定を行なっていて、この使用を控えています。

コメンテーターも、もっとピッチサイドのスクリーンを使うべきだと感じ、ラグビーと同様に主審とVAR側の会話を視聴者に届ける必要があると語っています。

スポンサーリンク

まとめ


やはりVARの導入によって純粋に試合を楽しめないと感じている人がいます。ほとんどの人がVARの必要性については認めているものの改善すべき点があると回答しています。私自身VARを廃止するオプションはないと思います。

確かにピッチサイドのスクリーンは置き物のように感じますし、もう少し使用しても良いのではないかと思う。試合の流れを大きく左右するPKの決定に関しては、主審は実際に映像を見に行くべきかもしれません。「百聞は一見に如かず!」無線でやりとりせずさっさと見に行きましょう。

オフサイドに関しては無線のみでも構わないと思いますが、それによって試合を長時間止めないよう迅速に行われるべきです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました