「ドラクエタクトに飽きた?」闘技場の実装でどうなるか?

スポンサーリンク
アプリ
スポンサーリンク

ゲームと恋愛は似ている?

ドラゴンクエストタクト配信から2ヶ月が経ち、飽きた人が徐々に増えてきていると思います。りゅうおう(変身前)、竜王(変身後)イベントが終了し、セールスランキング(セルラン)は10位以下が続いている状況だ。

7月のセルランは平均2.7位と好調をキープしていたが、その後は下落の一途を辿っている。しかし、配信直後の大イベントが終わり、売り上げが減少することはある意味、当然のことだろう。これはドラクエタクトだけでなく、他のアプリゲームでも起こる普遍的現象だ。

そして、次の特大イベントが始まるまで、マンネリ化するのも仕方のないことだ。と言うより、マンネリ化がセルラン下落の要因である。

付き合いたては気分が高揚するため、LINEでメッセージ交換を頻繁に行うが、時間が経過し徐々にその回数が減少するように、毎日1時間以上していたゲームのプレー時間が減り、次第にはログインのみになってしまうことはしばしばある。

そのため、開発者はある程度のドキドキ感と達成感をプレイヤーに与えなければならない。我々プレイヤーは強キャラの排出率が悪い集金ガチャにドキドキし、イベントをクリアすることで達成感を得るわけである。

ガチャに対するドキドキ感はあるものの、達成感はイマイチ得られない。イベントクリアでゲット可能なAランクキャラの5凸を目指し、オート機能を利用して狩り続けるだけでは、達成感を得ることはできない。

ガチャに関しては、最高レア度の排出率が低い(7%)と言われている『ドラクエウォーク』よりも低く(3%)悲惨的な確率である。もはや、Sランクの排出は期待できない。

オート周回ゲーにするくらいなら、イベントダンジョンでも、常設のそれと同様にスキップ機能を使えるようにすべきだ。テレビやYouTubeを見ながら、放置するだけではすぐに飽きが来てしまう。

スポンサーリンク

闘技場の実装

先日プレオープンされた闘技場は達成感を得るという意味で、重要な機能である。とは言え、実装キャラが少ないため、どのパーティーも似通ったものとなっている。パーティーの多様化が進めば楽しさが増すだろう。何らかの制限を設け、AランクやBランクキャラが活躍できるようになれば嬉しく思う。

さらに、どういうわけか1、2ターン目は敵キャラの動きがない。バフ系(補助呪文)のスキルは使うものの、その他の動きは全くない。だが、今回実装された闘技場はプレオープンであるため、仕様の変更が期待できる。

対戦相手に関しては相手の総戦闘力を見て自分で選べるため、無課金者は課金者との対戦を避けると良いだろう。無課金者の上位入りは難しいかもしれないが、総戦闘力が同程度か少し上の相手に勝つことを目的にすれば、達成感を得られ楽しめるはずだ。

重課金者は上位入賞を果たし、自分のパーティーや名前が載ることに躍起になるため、課金の手を止めることはなさそうだ。ドラクエタクト開発者は闘技場の実装で、倦怠感を抱くユーザーの流出に歯止めをかけることができるだろうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました